動画シアター

#愛川町を食べよう! 第1回 「有機農園けのひ」のジャガイモ

2021.06.13

愛川町の学校給食では、町内産の新鮮な野菜や卵、お肉などをたくさん使っています。

2021年4月からは「愛川パクパクデー」を開始し、月に1回、さらにたくさんの町内産品を使ったメニューを給食で提供しています。6月11日の「愛川パクパクデー」で使った町内産品は、JA県央愛川の「愛川清流米 愛ちゃん」・中津ミート豚肉、ハム(丹沢高原豚・丹沢ハム工房)・有機農園けのひの野菜(愛農の安心安全農産物

6月からは「愛川パクパクデー」に合わせ、町内産品を生産した方々にインタビューした動画を、町内全・小中学校で給食時間に上映しています。 第1回は、ポークカレーに使ったジャガイモを育てた、「有機農園けのひ」の北原さんご夫妻。「有機農園けのひ」 は、町内の約2ヘクタールの畑で、年間約100種類の野菜を育てています。