仕事

【仕事】新しい仕事、はじまる。

新型コロナウイルス感染症情報(愛川町ホームページへリンクします。)

愛川町で働くこと、そのキーワードは「自然」です。

無公害型の工業団地として高い評価を得ている「神奈川県内陸工業団地」などの工業、清流・中津川の「水」ときれいな「空気」、豊かな大地の「土」を生かした農業など、多彩な産業が根づいています。

そしていま、自然に囲まれた中で自分のペースで働くことができる「テレワーク」での起業を支援するなど、新規ビジネスの創出を推進しています。

写真:神奈川県内陸工業団地協同組合

愛川町で、起業する。

  • 起業にかかる経費の5分の1以内、最大10万円の一般起業補助制度。
  • また、テレワーク起業を志す方へ!起業経費の5分の1以内、最大15万円を補助します。
  • 空き店舗を起業の拠点として活用する場合、改造・改築経費の3分の1以内、最大20万円を補助します。
  • 詳しくはこちら

愛川町で、職に就く

  • 愛川町にある神奈川県内陸工業団地では、100社を超える企業が操業しています。圏央道の開通に伴い、ロジスティクスの新拠点としても注目されており、多彩な企業が立地しています。
  • 企業立地に伴い、町から奨励措置を受けた企業に勤務する転入就業者の住宅取得に、最大50万円の奨励金を交付します。
  • 介護・看護・保育職等人材確保支援事業は、町内の民間保育施設、医療機関、介護サービス/障がい福祉サービス事業所などに就労する保育士、看護職、介護職などの方に、最大20万円の奨励助成金を交付します。

愛川町で、就農する

  • 農業次世代人材投資資金は、新規就農時の不安定な収入を支援するもので、年額最大150万円(夫婦の場合は225万円)を最長で5年間交付します。
  • このほか、新規就農者奨励金(最大6万円)もあります。
  • さらに、家賃を補助する新規就農者支援家賃補助金もあります。(最大で月額3万円

※生きがいや趣味として耕作したい方でも小規模農地(10アール以下)の借り受けができるよう、あいかわ準農家制度を運用しています。

検索用キーワード:愛川町、移住、定住、愛川暮らし、補助、田舎暮らし、山、川、自然、農、働く、愛、準農家、趣味、いきがい、カフェ、空き店舗、空き家、仕事、農業、野菜、福祉職、看護職、支援、農家、自然