愛川ライフへのパスポート

【暮らし】田舎にしては、ベンリ過ぎるし。

愛川町は、町内の移動がとても便利な町です。道路網やバス路線が充実し、町内循環バスを活用してスーパーにも行けるし、コンビニもたくさんある。生活に必要な施設はひととおり揃っています。

また、観光地である県立あいかわ公園や宮ヶ瀬ダムへは、町の中心部から車で30分足らずで到着しますし、外国人が多い町内には、異国情緒を体感できるスポットもあります。

こうした魅力が注目され、各支援制度を活用して、新たに住居を構える若い世代も増えています。

【まいにちのお買い物も、交通も充実】

【住宅を買う、探す】

【いろいろな国の人と、交流できる】

  • 愛川町には、南米諸国やアジア諸国など、外国人の方2千人以上が働き、暮らしています。夏の勤労祭野外フェスティバルでのサンバや国際屋台村の催しなど、多文化交流が行われており、外国人向けの料理を提供するお店もあります。