食べる・泊まる

【あいかわCAFEめぐり】仏果堂

愛川町中のカフェをめぐる「あいかわCAFEめぐり」シリーズ。今回は「仏果堂(ぶっかどう)」。その名のとおり、愛川イチ高い山、仏果山の麓にあるカフェです。

カフェ正面外観

カウンター席は5席。

カフェオススメのメニュー

コーヒー

「コーヒーを好きになってもらいたい」と話すマスターは、お客さんが飲みやすいコーヒーを提供することを心がけています。飲んでいるうちに、「もっと苦みが欲しい」などといった声があれば、「こういうのはどうですか?」と提案し、お客さんの好みを探すお手伝いもしています。

香り高い、鮮度の良いコーヒーを味わってもらうため、コーヒー豆を毎日少量ずつ、手廻し焙煎機で焙煎。ハンドドリップすると、とても良い香りが広がりました。

注文したコロンビア。スッキリとした飲み口でミルクとの相性が抜群。ほのかに甘味もあり、(編)はブラックで美味しくいただきました。

ハニートースト

焼きたてのシュガートースト。そこにホイップクリームとアイスクリームを乗せ、上からハチミツをかけています。ほど良い甘さで、運動後の疲れた体にも嬉しいです。

仏果堂パフェ

2019年に生まれた新メニュー。上に乗っているのはドライイチゴ。パフェの中にはドライフルーツやコーヒーグラノーラ、コーヒービーンズチョコレート、コーヒーシロップ、オレオなどが詰まっています。甘味と苦味のバランスが絶妙で、ボリュームのある見た目ながら重たくないのも嬉しいです。シルエットや色合いも可愛いので、インスタ映えする一品です!

マスター 木藤整(きとう・ひとし)さん

木藤さんは、仏果堂を2002年6月にオープンしました。一見古民家風の店内ですが、元々は、隣で骨董店を営む叔父さんが、友達を呼んでお茶を飲めるスペースを作ろうと、自宅を増築したもの。2000年頃、叔父さんから「(増築を)手伝って欲しい」と声をかけられ、時間が合う時に手伝うようになりました。

その頃は、海老名市にあるカフェに勤めていた木藤さん。いずれは自分のカフェを開きたいと考えていました。完成した際、「やってみれば?」という叔父さんからの一言で、このスペースにカフェを開くことになりました。

一番奥に見える建物が叔父さんの骨董店。庭園にも多くの骨董品が置いてあります。

「仲間と一緒に成長して来ました。」

「オープン当初は自信が持てず、コーヒー豆にどのぐらいの値段をつければいいのかも迷っていた。」と、木藤さんは当時を振り返ります。そんな時に相談した相手は、目の前に座るお客さんでした。最近でも、「そろそろ自分のオススメを出してもいいんじゃない?」とアドバイスを受け、初めて自分の好みに寄せて焙煎した「KITOロースト」の提供を始めました。そんな常連のお客さんたちは、木藤さんにとって大切な「仲間」。10年程前には、バイク好きのお客さんたちと仏果堂のバイクチームを結成、年に2回程ツーリングにも行っているそうです。

木藤さんのバイクのそばで寝そべる猫のレオンくん

店内には木藤さんの奥さんが所属する自転車チーム「ICM」が作った仏果堂のサイクルジャージも

仏果堂を紹介した「宮ヶ瀬ダムLake Side Cafe」の店主浅見さんなど、愛川町のカフェは、「ヨコのつながりがあるので、ライバル関係ではない。」と木藤さんは感じています。近年つながりができた洋菓子店「ラミエット」の商品をカフェで提供するなどのコラボレーションも考えています。「みんなで頑張って、お店を続けていければ。」という思いを持ち、「自分が相談を受けた時には、伝えられることは伝えていきたい。」と話してくれました。

インタビュー動画

カフェ情報

※掲載情報は変更となることがありますので、お出かけ前にカフェにご確認ください。

営業時間

12:00~20:00くらい/定休:火曜日(祝祭日を除く)

主なメニュー(価格は税込みです)

お食事

  • トースト(275円)
  • シュガートースト(275円)
  • シナモントースト(275円)
  • サルサ・ロハ・トースト(385円)
  • コーンドビーフトースト(495円)
  • チーズトースト(330円)
  • あずきトースト(440円)
  • ハニートースト(385円)
  • ゴーダとモッツアレラのピッツア(直径15㎝)(550円)
  • パスタ(平日限定)(550円)

スイーツ

  • バニラアイス(275円)
  • 仏果堂サンデー(330円)
  • 仏果堂パフェ(660円)
  • 気まぐれスイーツ(330円)
  • チョコレート(時季限定)(165円)
  • コーヒーセット(マシンで落としたコーヒー(ホット・アイス)と気まぐれスイーツのセット)(550円)

ホットドリンク

ハンド ドリップ
  • マンデリン(605円)
  • ブレンド(550円)
  • コロンビア(550円)
  • グアテマラ(605円)
  • キリマンジャロ(605円)
  • ブラジル(550円)
  • KITOロースト(マンデリン)(605円)
  • ストレートコーヒー(テイクアウト)(540円~)
マシン
  • エスプレッソ(605円)
  • スナップショット(275円)
アレンジ
  • カフェ ソルト モカ(660円)
  • カフェ・オ・レ(660円)※テイクアウト(648円)
  • ウィンナー(660円)
  • モカ・ジャパ(660円)
  • カフェ・カプチーノ(660円)
紅茶
  • レディグレイ(プレス)(550円)
  • アッサム(プレス)(550円)
  • ダージリン(プレス)(550円)
  • セイロン(プレス)(550円)
  • ロイヤルミルクティー(605円)
その他
  • ホットココア(605円)
  • ホットミルク(440円)
  • ホットチョコ(605円)

アイスドリンク

アイスコーヒー
  • ダッチコーヒー(夏季限定)(715円)
  • アイスマンデリン(ドリップ)(660円)
  • アイス コーヒー(リキッド)(330円)※テイクアウト(324円)
アレンジ
  • アイス・オ・レ(550円)※テイクアウト(540円)
  • アイス・ウィンナー(550円)
  • アイス・メープル(550円)
  • コーヒーフロート(550円)
その他
  • アイスココア(660円)
  • アイスミルク(495円)
  • アイスティー(550円)
  • アイスティー・オ・レ(605円)
  • ジュース(220円)

※この他、季節限定メニューあり 詳細はFaceBookページでご確認ください。

※コーヒー豆(648円~)詳しくはチラシ(仏果堂の珈琲豆)

客層

  • 20歳代~70歳代までバラバラ。ざっくり区切ると30歳代~40歳代の男性が多いそうですが、最近は木藤さんの奥さんがSNSを中心に情報発信をしていることもあり、若い女性のご新規さん、リピーターも増えてきているとのことです。夏季はファミリー層も多いそうです。
  • ツーリング(バイク・サイクリング)やドライブ好きの方、観光に訪れた方が立ち寄ることも多いそうです。
  • 登山客は以前ほどではなくなりましたが、帰りに立ち寄ったり、登山中迷い込んで来ることもあるそうです。

席数

  • カウンター5席
  • テラス席等40席
  • 個室なし
  • 禁煙席なし

開放的なテラス席はオープン時からあります。天候が良い日は東京スカイツリーも眺めることができます。

2019年、新たに作ったコタツ席。「ウケの良さからではなく、外のお客さんが暖を取るにはどうすればいいか」と考えて、設置したそうです。

 

ヤグラ席は目線が少し高くなり眺めも最高!ポカポカ陽気の日は、横になって寝そべる人も…冬はコタツ席になります。

予算の目安

1人当たり、1,000円程度(各種トースト+ブレンドで825円~1,045円)

その他

  • ストーブは店内(カウンター席)に1台。寒くなってくると上着の着用は必須です。
  • コーヒーをより美味しく飲みたいと思っている方へ。仏果堂ではコーヒー教室を月1回のペースで開催中。詳細はFaceBookページでご確認ください。
  • 駐車場、サイクルラックあり。

次にめぐるお店は?

愛川カフェめぐりでは、取材したカフェの店主(マスター)に次にめぐるカフェを紹介していただきます。木藤さんが紹介したカフェは・・・下記の動画でご覧ください!

動画のとおり、次にめぐるカフェは「年茶屋(ねんちゃや)」に決まりました!次回の「あいかわカフェめぐり」をお楽しみに!

住所

愛川町半原3058

MAP

TEL 090-8847-9837
URL

https://www.facebook.com/bukkado.cafe/