観光スポット

コスプレにクラシック音楽・・・アートと匠のヴァイブレーション。古民家山十邸

2019.09.01

築130年以上。明治中期に建てられた山十邸は、最近では若者の利用も目立ち、さまざまな活用がされています。

明治16年(1883)、中津地区の豪農、熊坂半兵衛の邸宅として、半原宮大工矢内三兄弟の手によって建てられました。「山十」は熊坂家の屋号です。町が修復工事を行って、一般公開をしており、主屋と門は、国登録有形文化財となっていまいます。

主屋に入ると目に映るものは、長さ7m以上もあるケヤキの1枚の「上がり段」と50cm角のケヤキの大黒柱です。

 

山十邸の見どころは、半原宮大工が手掛けた重厚な造り。屋根裏も必見です‼

コスプレのロケ地として大人気‼

古民家山十邸は、コスプレ撮影のロケ地として大人気です‼(下の写真は 「くるみもち」さん(Twitter @kurumimpti_23)提供写真)

ドラマのロケ地としても大人気‼

古民家山十邸は、テレビドラマのロケ地として利用されている他、最近では動画コンテスト「愛川レッドカーペット」のロケ地としても使用されています。

「オール古民家山十邸」で撮影された 第2回愛川レッドカーペット最優秀賞「にちじょう」(映像制作チームOR→P)

1シーンを古民家山十邸で撮影した第1回愛川レッドカーペット最優秀賞「あいのかわ」(ZO EIZO)

季節ごとの展示も開催

山十邸の雰囲気に合った展示を毎年開催し、来場する皆さんから好評を得ています。

  • 2月中旬~3月中旬 ひな人形とつるし雛
  • 4月中旬~5月中旬 五月人形とつるし飾り
  • 7月上旬 七夕飾り
  • 11月上旬 菊花展示